リンク先ページにリンク評価を渡したくないときに使います。

 

主にSEOスパム対策で使われますが、社内ページのログインページへのリンクなどにリンクを貼る際にもお勧めです。

 

nofollow属性は、ブログや掲示板、ソーシャルブックマークなどのコメント・トラックバックスパム対策としてグーグルが提案した属性です。

リンクに挿入する場合
<a href=https://www.se0.info rel=”nofollow”>SEOブログ</a>

 

no follow属性を付けるとSEO効果はなくなる。

 

 

metaタグでページ全体に使用する場合
<meta name=”robots” content=”nofollow”>

 

 うまく使うと特定のページのSEO効果を高めることができます。