最近マークアップエンジニアという言葉をよく耳にします。

WEB制作の現場や書籍でよく見かけます。

 

httpというのはHyper Text Markup Languageですから、htmlタグを実際に記述する人という定義かと思っていたのですが、実際はもう少し広い範囲のお仕事もされているようです。

これからマークアップエンジニアとして活躍するにはXHTML2.0、HTML5,CSS3を自発的にしっかり勉強しておきましょう。

 

これから生き残っていくにはSEO効果も意識しながらマークアップできる人材になることが求められてくるでしょう。