ニトリでカーペットを購入しようとしたらカーペットラグマットという二つのカテゴリーがありました。

ところでカーペットとラグマットの違いって何?

 

 

ちょっと調べてみました。

呼び名が違うだけで大きな違いはありませんが、呼び名の使い方によって違いがあるようです。

床一面に敷き詰める場合はカーペットという言葉を使い、床の一部におくときはラグマットという言葉を使うことが多いようです。

 

簡単に言えばラグマットは小さいカーペットという感覚でよいでしょう。

ラグマットは2畳から6畳くらいの大きさのカーッペットということもできるかもしれません。

10畳を超えるようなラグマットはカーペットと呼ぶことが多いようです。

 

 

 

それではお気に入りのラグマットを選んでみましょう。