すばらしい本を発見しましたので、備忘録代わりにリンクしておきます。

 

 

著者の奥村さんすばらしいです。

 

とくにこの本が秀逸