深夜テレビを見ながらパソコンをしていました。

FNSソフト工場・飛び出せ!空想科学という番組で昔懐かしのアニメ【アルプスの少女ハイジ】のオープニングで乗っているブランコを再現していました。

ブランコの紐の長さは17.8メートルだそうでそうです。

物理の計算式を用いて長さを計算していました。

 

実際にその長さのブランコを製作して乗っていましたがとても怖そうでした。

でもハイジの曲が流れるとなんだか、それっぽくなっていました。

ブランコはかなり危険なのでかなりの握力が必要みたいです。

少女であるハイジにそんな握力あったのかな?

 

空想化学読本という本を昔読みましたが、その本のような番組でした。

 

この番組では実現した【ドラえもんのタケコプター】や【時速400キロのバイク】、壁を走るルパン三世の車は実現可能か?

などをやっていました。